一般社団法人がん哲学外来

がん哲学教育講座

あずまやの“言葉の処方箋100本ノック”
(一般社団法人がん哲学外来の教育担当理事 東英子)

がん哲学にちなんだ言葉の処方箋の学びに最適
https://www.youtube.com/@azumaya

理事長宗本義則医師の所属される
福井済生会病院からのご提供情報

メデイカルカフェのこと、がん診療のこと、
コロナと肺、癌教育など短い時間での動画配信となっています。
https://www.fukui-saiseikai.com/about/movie/publiclecture/2022_cancer02.html

一般社団法人がん哲学外来“がん哲学講座”(eラーニング)

講  座 学びの目的
基本講座 がん哲学の基本を学ぶ(歴史と哲学)
メディカルカフェ運営講座 カフェ運営の実際を学ぶ
もっと深く学びたい方へ カフェ運営の継続と発展に向けて、
様々なコンテンツの中から選択的に学び、
自己研鑽する

【基本講座】

  1. がん哲学とは
  2. がん哲学の礎となった歴史上の人
  3. がん哲学の「言葉の処方箋」
  4. がんという病気を取り巻く環境
    1. ◦ 医療と介護と福祉と個人の尊厳
    2. ◦ 緩和ケア
    3. ◦ 死生学
    4. ◦ 宗教・文化等
  5. 傾聴
  6. ACP

【メディカルカフェ運営講座】

  1. 開催のノウハウと留意点
    1. ◦ リアル開催(感染防止対策)/WEB開催
    2. ◦ 広告・告知(案内、中止、災害時の対応など)
    3. ◦ ルール作り
    4. ◦ 金銭管理(ボランティアの考え方、SDGs)
    5. ◦ 登録申請方法、手引き、注意すべきこと(倫理的配慮など)
  2. 様々な形態のCafé(病院・診療所、地域の交流の場、カフェ、薬局など)
    1. ◦ どの様なことが求められているか(社会背景)
    2. ◦ どの様な事例があるか(活動の範囲)
    3. ◦ どの様なことに留意しないといけないのか(他者に対して自分に対して)
  3. Caféの事例(活動の紹介)

【もっと深く学びたい方へ】

  1. がん哲学の言葉の処方箋のなかから代表例を学び、ともに考える
  2. 歴史上の人物から、人の生き方を学ぶ(哲学)
  3. 読書会の実践
  4. 人の尊厳と倫理を学ぶ(SDGs)
  5. 間を大事にする対話
  6. がんを巡る社会の制度
  7. 難病を巡る社会の制度
  8. 医療的ケアを必要とする人・児を巡る社会の制度
  9. AYA世代のがんを巡る課題
  10. 地域で活用できる社会資源を学ぶ(誰に、どのように相談するのか)
  11. 聞き書きから学ぶ
  12. 薬局の活用(かかりつけ薬剤師など)
  13. 介護保険サービス
  14. 社会保障と就労
  15. 学童期の子どもをもつがん患者・学童期の子どものがん患者をもつ親に対して、学校ができること
  16. エンドオブライフ
  17. トラブルシューティング
  18. その他
〈トップページに戻る〉