一般社団法人がん哲学外来

ことばの処方箋

これまでの“ことばの処方箋”

偉大なるお節介
「偉大なるお節介」の反対は「余計なお節介」
「余計なお節介」はお節介している方の思いでやっている。
相手のニーズに合わせて、さりげなく手を差しのべるのが「偉大なるお節介」
「誰かのため」が「あなたの自己満足のため」になっていませんか。
八方塞がりでも天は開いている
八方塞がりのとき、つい人は下を向いてしまうが、ちょっと顔を上げて、
空を見上げてみると、希望の光が見えるかもしれない。
「雲の上はいつも晴れ」
〈トップページに戻る〉